初めて来院される方へ
医院概要・交通アクセス
当院の特徴・設備
医師紹介
臨床実績
採用情報

当院の特徴・設備

専門分野

膝関節外科

 膝関節外科は、スポーツや交通事故等により膝関節に加えられた外傷による障害や関節内の構成体の損傷が放置されたり、その他の原因による二次的な変化としての変形による障害に対して、その関節機能の再獲得を目的として行われる手術療法です。
 例えば、関節内の構成体である半月板損傷や靭帯断裂に対する関節鏡視下手術膝蓋骨脱臼しつがいこつだっきゅうに対する観血的整復術、関節内骨折に対する観血的整復固定術等が含まれます。
 また、半月板損傷や関節軟骨損傷等が放置された結果生じた膝内反変形に対する高位脛骨骨切り術もこの中に含まれるものです。
膝関節内骨折
手術前
前十字靭帯断裂と外側側副靭帯断裂を伴った膝関節骨折例。脛骨骨折内に大腿骨外側が陥入している。
手術後
2本の断裂した靭帯を固定し、脛骨での関節内骨折を整復固定した。
高位脛骨骨切り術
手術前
関節の下部に内反変形が認められる状態。
( FTA 185°)
手術後
高位脛骨骨切り術により、内反変形が矯正されてる。
( FTA 167°)

関節鏡視下手術

 関節鏡視下手術は、わずか4mm径の皮膚を開け、その穴の中に内視鏡の一種である関節鏡を挿入して、半月板損傷や靭帯断裂に対する手術を行うものです。
 例えば半月板損傷に対しては、構造上その多くが自然に治癒しないため、半月板損傷部を縫合したり、部分切除を行います。出来る限り半月板を温存するように努めています。
 半月板縫合術及び半月板切除術は、日帰り手術となっていて、手術日に入院し、同日退院できます。すべて全身麻酔にて行いますので、手術に際しての痛み等の心配はありません。

 内側々副靱帯断裂はポピュラーな損傷ですが、その多くは保存的治療により改善され、手術的治療を行う例はむしろ少ないです。それに対して前十字靭帯断裂は関節内に存在する靭帯であるという特徴から断裂した場合、ほとんどが自然に治癒することがありません。また膝の不安定さやその後の半月板損傷や関節軟骨損傷の合併が多く発生し、膝関節の予後を悪化させることから、今では自分の腱を用いて関節鏡視下にて靭帯の再建術が行われます。

 最近の研究の結果、前十字靭帯は前内側束(AM束)と後外側束(PL束)の二重構造になっていることが明らかにされ、この解剖学的構造を再現し、膝関節の安定をより改善することを目的として、前十字靭帯断裂の再建術は、解剖学的二重再建法を行うようになっています。
 以前は、前十字靭帯の再建術を行った場合は、二週間の入院を必要としていましたが、現在は手術日の一日のみの入院になっていまして、翌日には退院可能となっています。
前十字靭帯断裂
(手術前の関節鏡視像)
前十字靭帯が大腿骨付着部で断裂し、その先端が先細りしている。
(再建術後1年での再鏡視像)
断裂した前十字靭帯が血行を伴った靭帯として再建されている。

リハビリテーション医学

 リハビリテーションの中でも特に運動器リハビリテーションは、筋肉、骨、靭帯、関節といった運動器の損傷や障害によって生じた機能障害を温熱や電気を用いて治療する物理療法と運動療法により回復させる事を目的に行われるものです。
 例えば、さまざまな原因によって生じた腰痛症に対しては、従来より温熱療法、電気治療といった物理療法や牽引療法が保存療法の主な治療法として行われていますが、当クリニックではストレッチ運動や筋力強化運動等の運動療法を中心とした治療を行っています。さらに膝関節疾患に対しては、それぞれの関節障害の原因に応じた運動療法をすすめています。
 例えば、膝前十字靭帯断裂に対する術後のリハビリテーションは、術前・術後に生じた膝関節伸筋や屈筋の筋力低下に対する筋力強化や関節可動域制限改善のための運動療法を行っています。更に術後の経過期間に応じて運動機能の強化プログラムを追加していくよう指導しています。殊に術後の靭帯再断裂を防止するための各種のジャンプ訓練を筋力の回復に従って組み入れて実施しています。
 一方高齢者の場合には、下肢の運動機能低下による運動器不安定症(またはロコモ症候群)が生じてくるため転倒しやすくなります。この転倒がその後の生命予後を左右するため、下肢の筋力強化とともに各種のバランス訓練を指導し、転倒予防のためのリハビリテーションプログラムを進めています。
※小さい画像にマウスをあわせると大きい画像が表示されます。

スポーツ医学

 スポーツ障害は、バスケットボール、サッカー、野球等のスポーツ活動中に生じた運動機能障害をいいます。肩関節、股関節、膝関節などの大きな関節がその損傷の頻度として高い訳ですが、スポーツ種目による特殊性もあります。
 例えば野球では、肩関節や肘関節に損傷が多く認められていますが、一方バスケットボールやバレーボール等は、膝関節や足関節の損傷の頻度が高いといえます。その為、その損傷に対する治療や対処の仕方もそれぞれの種目の特徴に応じたものが選択されます。
 わが国では、スポーツ活動の発展に伴い、活動年齢の低年齢化が進んでいます。そのためスポーツによる障害を負う学童の数が年々増加傾向にあるといえます。成長期と呼ばれる学童期は成人と異なり骨と筋肉の発達速度の違いから、その時期特有の運動障害や疲労骨折等が生じてしまいます。スポーツ活動の参加を優先するあまり、後に様々な運動障害が生じてしまうことが少なくありません。
 当院ではこのような機能および構造的な障害を残さないスポーツ活動への復帰と継続を目標とし、治療に専念しています。

施設のご案内

外来診療施設

模型を設置した診察室
診察室には関節内部の模型を設置し、患者様の実際の関節内部の状態等を具体的にご説明できる体制をとっています。
3つの診察室
診療時間帯は大変込み合うことが多いので、患者様の待ち時間を出来るだけ少なくする為に、3つの診察室を設けて対応するようにしています。また、それに対応できるスタッフの数も整えています。
受付/待合室
大きな駐車場を完備しておりますので多数のお車での来院でも対応出来ます。また、受付から診察室までの流れをスムーズにする為に、中待合室を設け、各診察室へ的確にご案内できるよう徹底しています。

リハビリ室

 当院のリハビリテーション室はマイクロウェーブ・スーパーカイネ等の電気療法や渦流浴などの水治療法、ベッド及びマット上での運動療法を行えるよう国で定められた施設基準に沿った器具と十分なスペースを設けております。
 それに加えて、筋力の測定が可能な膝筋力強化用のオルソトロン、油圧式の上肢筋力強化用のバタフライ装置、歩行や走行訓練用のトレッドミル、下肢筋力強化用のエルゴサイザー、バランス訓練用のバランスボードバランスボール等を備えています。

日帰り・1泊入院用ベッド

 当院では手術は日帰りもしくは1日入院となっており、ベッドと共にテレビ・トイレ・冷蔵庫・収納棚も完備された個室を用意しています。ゆったりと手術までの待機や術後の安静が保たれますよう配慮しています。
 また有事に備えて病室のすぐ近くにナースステーションが設置されていますので、時間にとらわれない素早い対応ができるようになっています。

手術室

 当院では関節鏡視下手術をメインに行っており、そのための機械をそろえています。4mm径の関節鏡が接続する部分に画像処理装置が設置されていてその画像をモニターに映し出しながら手術を行うのが関節鏡視下手術です。そのための装置と一緒に電動式軟骨処理装置を備えた一式(smith&nephew社製)が使われます。
 その他外傷や手根管開放術に必要な手の外科用器具も備えていますが、手術中のモニターとしての移動式X線発生装置は術中の骨折の整復を観察することができ、アンカー等の位置確認の際に使用し大変利便性が高く正確な手術を行うために必須の装置となっております。

院内処方

当院では院内処方のため、会計が一度で済み、薬局に行く手間や時間が節約できます。

設備のご案内

X線撮影装置・骨密度測定器

 当院では、通常のX線撮影装置(コンピューターによるデジタル画像処理)に加え、骨密度測定としてHOLOGIC社製HorizonX線骨密度測定装置を採用しています。当院では微量なX線を用いたDXA法(デキサ法)にて骨密度検査をおこなっています。DXA法は他の方法と比べ非常に測定精度が高いのが特徴です。
 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」では、腰椎、大腿骨の骨密度を測定することが推奨されており、それが可能な装置です。測定に用いるX線はきわめて少ない量ですので、気軽に検査を受けていただくことが可能です。

超音波画像診断装置(エコー)

 超音波画像診断装置は損傷部分に超音波を直接照射してそれを画像化します。レントゲンには映らない、筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察に優れています。痛み等の侵襲もなく安全であり、小児股関節健診をはじめお子様にも安心して検査していただけます。

神経伝導速度測定装置

 運動神経(手や足を動かす神経)や感覚神経(痛みや温度を感じる神経)における興奮の伝わる速さを検査することにより、神経障害の有無や程度を知ることができます。
 検査方法は調べようとする神経を電気で刺激して、刺激の伝わる速さ(伝導速度)を測ります。
 電極は表面電極であり、針電極は使用していないために痛み刺激はありません。電気刺激による検査後の痺れ、痛みはありません。

装具

 整形外科疾患を扱う上で、装具療法は大切な手段の一つであり、そのため週2回専門の義肢装具士による装具の採型・採寸とフィッティングの確認を行っています。
ページの先頭へ