Copyright(C) 2009 Suzukiseikeigeka Inc All rights reserved.

診察室には関節内部の模型を設置し、患者様の実際の関節内部の状態等を具体的にご説明できる体制をとっています。
診療時間帯は大変込み合うことが多いので、患者様の待ち時間を出来るだけ少なくする為に、3つの診察室を設けて対応するようにしています。 また、それに対応できるスタッフの数も整えています。
大きな駐車場を完備しておりますので多数のお車での来院でも対応出来ます。また、受付から診察室までの流れをスムーズにする為に、中待合室を設け、各診察室へ的確にご案内できるよう徹底しています。
患者様が治療に専念できる為の設備を備えています。特にリハビリに関しましては、患者様がより集中できるように多数の設備を備え、様々な運動療法を行うことが出来ます。また、スポーツ医学のノウハウを活かし、スポーツの種目ごとの最適なリハビリで早期復帰を目指します。
また、有事に備え、病室の直ぐ近くにナースステーションが設置されているので、時間にとらわれない素早い対応が可能です。また、病室はすべて個室になっており、様々なケースの入院に対応することができます。
スポーツ選手にとって、怪我とはトレーニングに影響を及ぼしてしまう最大の要因です。特に靭帯などの関節の怪我は選手生命に関わってくる怪我になりかねません。組織温存とスポーツ種目ごとの最適なリハビリで早期治療を行う必要があります。
当院手術件数一覧
  平成4年~27年 平成28年
8,017例 143例
手術内容内訳
関節鏡視下手術 4,286例 82例
靭帯再建術
  前十字靭帯再建術 1,652例 47例
後十字靭帯再建術 2例  
内側側副靭帯再建術 52例  
外側側副靭帯再建術 1例  
膝蓋骨脱臼整復術 126例 1例
手根管開放術 131例  
バネ指手術 423例 6例
陥入爪手術 32例  
骨折観血的整復術 123例 4例
神経移行術 31例  
関節内異物除去術 891例 1例
アキレス腱縫合術 86例 2例
高位脛骨骨切り術 3例  
その他 178例  
すずき整形外科創設より関節鏡視下手術をはじめ、関節に関する様々な手術を経験しています。
右記は今までの手術の件数とその内訳になります。